内向型人間オカメのブログ ー3兄妹に幸あれー

読書家長男、アートな長女、内弁慶次女の3兄妹を持つ、ひとり時間大好きなパートタイマーオカメのブログ。

カー太郎の読書部屋 ~小学2年生オススメの本3選、本好きになるよ!~

 こんにちは、オカメです。

今日は読書についてです。

 

・子どもを読書好きにしたいけど、これまであまり読み聞かせしてこなかったな。
・これから読書好きにさせるにはどうしたらいいのかな?
・賢い子の家には辞書や辞典があるらしいけど、どんなのを選べばいいのかな?

 

こんな疑問が解決するかもです。

 

①まずは一緒に読もう


これまで読み聞かせをしてこなかったなら、一回腹をくくって、読み聞かせの時間を作ってみましょう!


大人に読み聞かされる
 ↓
自分から読んでほしがる
 ↓
自分で読む
ってところに段階を追ってもっていけたら、後は楽です。


大人に読んでもらうことで、子どもはリラックスできるし、構ってもらえることが嬉しいみたい。

 

読み聞かせでなくても、絵の多い図鑑を一緒に見て、思ったことを話してみるのもいいですね。


「このカニめっちゃトゲあるやーん」
「クジラってこうやってプランクトン食べるんやー」
ぐらいのことを大人が言うと子どもも感想を言いやすいみたいです。

 

②知識をつないでいこう


読み聞かせを続けていくと、同じ本ばかり読んで欲しがったり、図鑑の特定の部分ばかり食い付いてしゃべったりするようになります。


それが興味の芽生えですね❗


そしたら、子どもが興味を持ったことについて書いてある他の本を選ぶようにしてみましょう。


知識と興味が徐々に広がります。

 

③活字が苦手ならマンガから入ろう


マンガも立派な読書ですね。


後で紹介する本3選のうち、2選がマンガです。


大人でも勉強になる濃い内容が書かれてるので、子どもと一緒に勉強できちゃいます。

 

④図鑑を買うなら我が子の興味があるものを!


図鑑って高いから、せっかく買ったのに我が子が全然読んでくれない(泣)ってなったら、もったいないですよね。


本屋さんで直接中身を見て欲しい図鑑を選ばせてもいいし、図書館で手当たり次第借りてみて我が子にヒットした物を購入すると失敗がないです。


ここでも「買って終わり」じゃなくて、一人で読もうとするまでは短時間でいいので、大人が一緒に読んであげるといいですね。

 

⑤本の虫カー太郎(小2)がオススメする本3選


我が家の長男本好きカー太郎が愛読してる中で、読書初心者🔰でも楽しめるオススメの本を紹介するよ。

 科学漫画サバイバルシリーズ

小学生支持率No.1の本だけあって、息子の小学校でも1~6年生が取り合う人気マンガです。


毎回のテーマ毎に登場人物たちが生き残りをかけたストーリーが展開されるんですが、事実に基づいた科学の話なので、楽しく読めるのに知識が貯まるっていう、保護者にも嬉しい本です✨

 

以下、科学漫画サバイバルシリーズ公式サイトより
・本嫌いだった息子が「ゲームより楽しい!」と毎日読んでいます。
・マンガになっていることで、理解しやすく楽しそうです。
・実際に役立つことが書いてあるので、集中して読んでいます。
・「楽しみながら学習」とは、まさにこの本のことだと思います。
・普段本を読まない娘が、めずらしく「買って」と言うほどです。

 

繰り返し読めば知識の定着化も進むし、興味を持ってくれた内容については、より詳しい本を読むことで知識を深堀りできます❗


カー太郎は図書館室、図書館で借りたり、図書券をもらったときに買ったりして読破してってるけど、まだまだ読んでないのがあるみたいで、わくわくしてます。


大人でも知らないことが書かれてるので、本の内容について質問されるとギョッとなります🐟️

 学研まんがひみつシリーズ

こちらもわかりやすいマンガシリーズ。


身近なものについて分かりやすく解説されてます。


サバイバルシリーズがドラマチックな演出がされてる分、こちらはやや地味な印象もありますが、純粋に知識が頭に入りやすいです。


カー太郎は最近「チョコレートのひみつ」「がんのひみつ」「下水道のひみつ」を立て続けに読んでました。


「チョコレートのひみつ」を読み終わってから、「ドイツでは、チョコレートを料理のソースに使うんやって。甘くないんやって。食べてみたいわ」って言ってました


「がんのひみつ」はアラフォーオカメでも知らないことがあったり、曖昧なことがはっきりしたりで、役に立ちました✨


「下水道のひみつ」については感想を言わせてみました。


カー太郎(以下カ)∶「 下水道は とても大切なこと が分かりました」
オカメ(以下オ)なぜ大切なのですか?
カ∶「 なぜなら昔は下水道がなかったから、外にうんちやおしっこを捨てていて、伝染病が広がったりもしたから、その伝染病にならなかったりするためにはやっぱり下水道が大切だと思ったからです」
オ∶下水道のしくみはどうなっていますか?
カ∶「 汚れたものがどんどん下にいく仕組みになっていて、ずっと下に入っているとたまってしまうから、上に途中引き上げるポンプがあって、何回か引き上げると微生物のいるところになるから、微生物が汚れを取ってきれいな水に変えてくれます」
よう、覚えてたー‼️

 グレートネイチャー


これはとにかく写真がキレイ❗
345ページまでがカラーページなんですが、これで4600円(税抜き)はとにかく安いと思う😱


何故か本屋ではあまり見かけません。


動物の図鑑や植物の図鑑みたいに、たくさんの種類について細かく書かれているわけではなく、植物、魚類、哺乳類っていう大きな枠で紹介してくれてます。


キノコの生態とか、植物の体を守るしくみとか、昆虫の聴覚とか種類毎に共通する説明もあれば、カッコウの子育てとかビーバーの暮らしとか特殊なものについて詳しく教えてくれてるところもあります。


とにかく写真がきれいで(本日2回目!)、昆虫嫌いの私でも、昆虫の拡大写真が美しいと思えちゃうほど✨


細部が見えると意外と気持ち悪くないんですね。


びっくりしたのは、ホウレンソウの断面部を電子顕微鏡で数百倍にした写真。


あの薄い葉っぱの中が、種類の異なる細胞の集まりで、こんなにも層になってるなんて❗


この本をスタートに、興味をもったものについて図鑑を買い足していくのもいいですね。

 

この話がお役に立てばうれしいです。